COCO-NIKO’s blog

「いま、ここ」にスマイルを☺養鶏と農に携わるセラピストあゆみのブログ。

鶏にアマラキーを。

地震に酷暑、台風。。。

災害続きで本当に大変な被害がでています。

清阪テラスは鶏舎は無事ですが、

鶏たちはいまこんな状態に(。´Д⊂) ↓


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【完全に産卵停止しました】

早期換羽により今までにない
産卵数の低下が起きていましたが
本日完全に産卵を停止しました。

いつ復活するかは不明です。

暫くの間、販売、配達はお休みさせて頂きます。

ご迷惑をおかけしてしまい
誠に申し訳ありませんが
ご理解の程お願い申し上げます。

産卵はお休み中ですが
ニワトリ達はとても元気で
毎日もりもり餌を食べてます♪  

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


そして、全体的には元気なんだけど、
免疫力がおちて呼吸器系がよわったり。。。
の子たちが何羽かでていました。

鶏ちゃんの病名は
いろいろあるけど、
原因は免疫力の低下
だったりするらしいです。

そこで!
免疫力の低下なら、、、
と抗酸化作用、ビタミンCが豊富で
インドで強壮剤とされる
アマラキーの粉末を飲み水
に混ぜて与えてみました。
しかも、アマラキーは
抗ウイルス作用、抗真菌、抗菌作用もあり、
アマラキーの森林には
ウイルスが全く検出されない
という実験データがあるんで、
呼吸器系ならウイルスをやっつけてくれる
のではないかなと思ったわけです。


その結果。。。
鶏さんたちは、3日くらいで  
体調が悪かった子たちが復活!
中に一羽、瀕死状態で
餌も水も口にしない子がいて、
通常なら翌日くらいに亡くなるのが、
毎朝、横峯氏が
そのお水を飲ませてあげてたら
10日程延命したらしいのです。
  


アマラキー、すごーい(*´ー`*)✨
飲むのは人間にとってもいいのは
知ってましたが、こんな結果がでて
改めて良さを実感☆



ちなみにヘナも牛の不妊治療に
つかったりします。

不妊の原因はいろいろありますが、
アーユルヴェーダ食養生を学んだときに
ドクターがおっしゃってたのは

体がよわってくると
自分の体の機能を充実させることに
力を注ぐようになるので、
今生き延びる上で優先順位が低い
次の世代を遺すという生殖器系を
まず、見捨てる


と。。。
鶏の早期換羽も似たような状況だと思うので
玉子はやく産んでくれるように(笑)
ヘナをお水に混ぜて与えて
あげようと思います🎵 
 
  
f:id:COCO-NIKO:20180915135507j:plain
通称しみずブラウンたちも
清阪テラスにすっかりなれましたっ(*^^*) 
 


結果はまた後日!
いい結果がでますように~✨
  

超高齢化社会について考える

昨日のケアリングヨーガと話は被りますが。。。
日本は超高齢化社会に突入していて
私たちがどう対応していくかは
最早急務といえる段階にきています。

◎要介護の方を増やさない
◎寿命の伸びに対して健康寿命の伸びが低い
 ので、健康寿命をいかに伸ばすか

とくにこれが一番必要なことかなと。

そこで注目したいのが、
健康な状態~フレイル状態レベルにある人。
この方たちの状態をいかにキープするかが
重要になります。

参照・フレイルとは。。。
https://www.tyojyu.or.jp/net/topics/tokushu/chokoureishakai/chokoureishakai-frailtyyobou.html


食欲低下や運動機能の低下、社会的に孤立しやすい。。。
などといった面をこの段階でサポートすることで
かなり改善できます。
要介護になってからでは改善はかなり厳しいので。。。


では、どういった支援が必要か
と考えたとき
一人の人としての生き方という視点も含めると
私はこれまでのように

支援に必要なモノ、サービス、場を提供する

と支援される側が受動的となる視点
からではなく、

WHOが提唱するような心身の健康をめざして
支援される側が [主体的に] 
生活の質を高めるために
必要な支援に応じた場やサービス
を提供し、その上で必要なモノを提供する

という支援される側が
主体的に生活の質をあげていくための支援

という発想が必要なのではと感じています。


私たちが自分に置き換えると
すぐわかりますが。。。
医師として、福祉として、という仕事として
関わられることはありがたいけれど
もっと求めているのは
一人の人として、生活を楽しみ
安心して暮らせる環境や
人と交流しあうことではないかと思うから。。。


医療従事者や福祉関係の専門職の方、
民生委員さんなど
もちろん状況に応じた介入は必要でしょう。
でも、私は地域の力をもっと使うこと、
いわゆる一般の人ができることを介して
接点をもち、交流することが
一番そのベースとなり、
根本的な支援になるのではないかと思います。


また、主体的になってもらうための支援
のひとつとして、私は
ヨーガは非常に有効で可能性を感じます。


なぜなら
[まず自分の身体とこころにきづく]
全てはここから始まるからです。
 
今のあるがままの自分に気づけば、
からだやこころが必要としていることを
選ぶことができる。
選択肢がかわれば行動もかわり、
生活もかわります。

その身体とこころのトレーニングとして
ケアリング・ヨーガは低体力の方にも
やっていただける内容になっています。

本来ヨーガは

身体を使うことで...

1 運動機能を向上させる
2 心肺機能を向上させる
3 脳の活性化
4 昼間に運動してセロトニンを出すことで
  夜にメラトニンが分泌され、
  よく眠れるようになる(睡眠の質UP)

という運動で得られる効果に加え

呼吸を意識することで...

1 自律神経のバランスをとる
2 呼吸筋を鍛える
3 脳を活性化させる
4 呼吸に集中することで
  今、ここ を意識することができる

のです。
この状態をつくり
さらに瞑想により自らを振り返ることで
心のコントロール力をつけることができます。


このヨーガの目的と段階は簡単にいうと
こんな感じになります。

◎呼吸しやすい身体をアーサナでつくる

◎呼吸という自分でコントロールできるもの
 を介してオートマチック運転になっている
 自律神経をコントロールし、
 今、ここ に意識をおく

◎瞑想による心のトレーニング

◎気付き、変容をもたらす
 ●健全なスピリチュアリティーの確立
 ●普遍なる幸福の概念の確立など
 (心身の健康の定義として
 健全なるスピリチュアリティーの確立は
 今やWHOが提唱していますが、
 日本は曖昧だとして定義に入れていない
 のが現状)


アーサナによる効果、呼吸による身体への効果
が注目されがちで、体力や柔軟性がないと
ヨーガは出来ないと思われがちですが、
本来、目指すのは心のトレーニング。
先述したように
心が変われば、行動も変わるからです。
なので、本来ヨーガは誰にでもでき、
運動神経の良し悪しも関係なく、
道具も不要。


本当にいいことづくめ(*^^)
体をトレーニングするものはたくさんあり
ますが、心にアプローチし
トレーニングできるものはごくわずかです。


また、ヨーガインストラクターという立場は
現状では個人的な活動になります。
そこにこれまた先述したような
良さがあると思っています(*^^*)


今後は個人としての活動や地域の活動として
学んだヨーガ、マッサージ、保育経験、
接客業に従事していた経験など
すべてアレンジしながら生かしたいなぁと。
もってるもん、フル活用~で😁


楽しみながら参加していただけて、
心身の健康維持や
同世代の人との交流の場になるものを
提供していけることを目指して
ヨーガも伝えられたら。。。


それは同時に私にとって
人生の先輩方に学び
バクティ・ヨーガの道として
愛の定義を広げる
自己探究でもある。。。
大変な部分もあるだろうけど
きっとそれ以上にやりがいもあるはず!


これからも学びは続きます。。。☆

今日はケアリングヨーガ勉強会🎵

今日はケアリング・ヨーガの勉強会☆

先輩のお話や、仲間の現場での取り組みやアイデアをシェアしながら、またアウトプットしていき、情報交換やブラッシュアップを図るという場は本当に有りがたく、先輩や仲間の存在は心強いし、刺激になるなぁ(*^^*)✨


f:id:COCO-NIKO:20180831230221j:plain
↑こんな感じのテキスト。


勉強会が始まってタイミング的にすぐに
お仕事の話が舞い込み、あれよあれよという前にケアリング・ヨーガのお仕事がスタートします(^^;
バタバタで事前準備がはたして無事にできるのか~💦

しかし、おしりに火がつかないと動かないタチだから(笑)早々と引き受けさせていただきました!


でもこれは私がやりたいこと。
高齢化社会に心身にアプローチできるヨーガで少しでも心身をみつめ、自身をケアしていただけるようになることは、かなり意義があると思う。わたしも人生の先輩方と関われるのはたくさん学ぶことがあるだろうなぁと。


そして、今日は幼稚園教諭時代に実践していたこと、歌を習っていたことで日本歌曲や童謡を少しは知っている経験は、そのままとはいかなくてアレンジしてたくさん活かせるよ!と先輩から言っていただき、そっかぁ✨と改めてまた違う視点が持てた😀!し、勇気づけていただきました✨



来週はまたシェアしあうし、わたしも楽しみながらがんばって準備しようっと💪

ギフトな一日。

f:id:COCO-NIKO:20180826231954j:plain

グランファブリックさんのイベントで
発見したプレスメーカー☆
我が家のドリッパーが年季入ってて
恐ろしくスピードが遅くて、
いっそのこと、
もうフレンチプレスで飲む?
と言ってたら
イベントページの写真にどーん!
とアップされていたという。。。
なんとスプーンとお皿、トレイつき!
目盛りは❤。四人前プレスできるらしい。
そして、重箱欲しかったんだけど、発見。
なんだ、この引き寄せわっっヽ(ill゚д゚)ノ
でもラッキー♪
かわいいお匙も見つけました。

そして、妹からのお土産📦✈️。
ギフトな一日にニンマリ😁

ホーリーバジルを植える。

ホーリーバジル、別名トゥルシー。
ガパオなんかにのってたりするけど、
お茶で飲むと甘くほんのりスパイシーで美味しい🎵
セラピストという仕事柄、
ハーブティーはよくいただくのですが、
ホーリーバジルはお客様受けもよく、わたしも大好き❤

なので、横峯氏に
ホーリーバジル美味しいし~、植えようよーー✨」
といっていたのですが、日々わたわたして、
すっかり忘れていました。。。
が!
先日農家仲間のサタケくんが
なんと偶然にも
ホーリーバジルの苗をくれましたっ(*^^*)
神かと思った(笑)
サタケくんありがとうございます🐥✨
 

こうして、思わぬ展開で、早々と
苗様にお越しいただけることになったので、
横峯氏がホーリーバジルのスペースを
つくってくれました。
そして、植える。

①穴をほる。

②水を三回くらいにわけて入れ、土を湿らせる

…こうやって少しずつ湿らせるらしい。
穴に水をしっかり注ぐことで
下に水がある状態になり、地面に根がはります。
如何に根がしっかりつくか?が大事!
なので、こうすることで
水を求めて根がつくのです。
そして、地中に水があれば乾きません。
植えてから水をやっても意味がないらしい。
知らなかったわー(・・;)

③苗をセット。

はい。無事植わりました。


後日、根がついたよ!

f:id:COCO-NIKO:20180808005542j:plain


すくすく育ってね(*^^*)✨

たんぼの草取り

たんぼの草取りのお手伝い。
棚田です。

f:id:COCO-NIKO:20180806210801j:plain

麦わら帽子にタオルは必須!

麦わら帽子はツバが大きいので
ずいぶん日差しを避けることができるから、
手放せない。
おばあちゃんも昔かぶっていたなぁ。。。
そのときはかぶりたいと思わなかったけど😁
やはり実用的です♪

たんぼの草取りにあたり、
ヒエと稲の違いを教わりました。
たんぼは夏に
ヒエとか草取りをしないといけません。

ざっくりいうと

ヒエ→緑色が濃い。
稲→うぶ毛がある。


らしい。でもあまりわからない。。。
ヒエを探してとる、というより、
稲の間や近くのヒエを抜く、感じらしいです。


まぁまぁ重労働。。。
暑いって体力奪われるので、

わたしは今、世界中で一番働いている!
  
というまさかの錯覚に陥ります(笑)
休み休みやらないと、本当に倒れそう。。。


でもまぁなんとか少しできた。


お米を作っているという人への
リスペクト度数が
さらに高まった1日でした☆

清阪テラスな日々のはじまり。。。

f:id:COCO-NIKO:20180806215343j:plain
茨木の最北にあり、標高400メートルに位置する
清阪峠。

ここで、養鶏をしている清阪テラスの園主
横峯氏。
平飼い自然養鶏農家、
清阪terrace園主。
2013年から
大阪府茨木市の北端にある
清阪(きよさか)集落にて地域資源を活用する
平飼い養鶏を主軸とした有畜循環型農業を開始。
田畑をシェアしつつ
現在約300羽の鷄のお世話をしています。
f:id:COCO-NIKO:20180707081705j:plain

私の実家も兼業農家ですが、
養鶏はなじみなく。。
そして、友人の影響も受け、近年は
循環する農業や里山生活に
興味がわいていたのだけれど、
それをガチで生業でやってる人が
茨木市民にも知られてない秘境、
清阪峠にひっそりと生息していたのでした。


そんな彼とは仲間を通じて知り合い、
話をしていくうちに、
なんだか意気投合。

猫の手も借りたい横峯氏は

農家にうまれたにもかかわらず
全く農業に興味がなかったがために
ろくに農業ができない私でも

「やること満載だし、
 難しいことはあんまりないから
 なんかしらしてくれたら助かる」

らしい。
ので!

それならば、と清阪テラス
に関わるように。。。


この世界でわたしは
ひよっこ🐤でヨチヨチ歩き。
すべてがとても鮮やかに飛び込んできて、
ひとり「ほぇーっ(*゚Д゚*)!」と
大興奮してます。


横峯氏は
わたしに作業を教えつつ
落ちついて淡々と作業してますが
(ちなみにたまに焦ってるぽいけど、彼から
焦ってる感とか漂わないのでスルーしてしまう。。。)
ひよこな目線でみると、
地味に面白いことをしてたりします。


そこで、そんな清阪テラスの日々を
ひよこレポしてよい??
とお伺いをたてましたところ、


「まぁ面白いんちゃう?
ほんまに黄色いパーカーとか着てるしな😁」

(あ☆ひよこ狙いではないです。念のため)

とめでたく許可をいただきました。


なので。

今後、たまに&気が向いたときにのみ(笑)
という私の独断と偏見で、
園主、横峯氏が拾わないような
ネタなどを玉子とともに
これから、ボチボチ拾っていきたいと
オモイマス♪